未来を表す文

I visit Australia every summer. ⇒ 毎年夏に、私はオーストラリアを、訪ねます。

I am going to visit Australia next summer.
次の夏は、オーストラリアを、訪ねるつもりです。
be動詞 + going to + 動詞の原形

My father buys a new car. ⇒ お父さんは、新しい車を買います。

My father is going to buy a new car next month.
来月買うつもりです。

be動詞 + going to + 動詞の原形
are  ⇒ be

be動詞の過去形

be動詞は以下の3種類

    1. at ~   I am at home today.   ⇒ was ~   I was at home yesterday.
    2. is ~   She is my girlfriend.   ⇒ is ~   She was my girlfriend.
    3. are ~   You are my classmate.   ⇒ are ~   You were my classmate last year. last yearは、昨年 ⇒ 去年まで、ガールフレンドだった。上の例からもわかるように、be動詞の過去形は非常に簡単です。am,is ⇒ was
      are ⇒ were   にするだけ!

過去進行形との違いは、時間幅にある。  過去進行形は、過去の、その時 何々していた。   ことを表す。

命令文

Stand Up ⇒ 立ちなさい! ⇒ tachinasai!
Be quiet! ⇒ 静かにしなさい! ⇒ shizuka ni shinasai!
Look at this ⇒ こっちを見て! ⇒ kocchi wo mite!
Listen to me! ⇒ 私の話を聞きなさい! ⇒ watashi no hanashi wo kikinasai!
Study hard! ⇒ 一生懸命勉強しなさい! ⇒ issyoukennmei benkyou shinasai!

主語がなく動詞の原形
be動詞(is,am,are)の場合 ⇒ 動詞の原形 ⇒ Be を使う!
例> He is a good boy. ⇒ is a good boy. ⇒ Be a good boy.となる。

三単現のs

動詞には、be動詞と、一般動詞がある。
be動詞は、is, am, are の3種しかない! ⇒ それ以外は、一般動詞

3人称の現在形の場合だけ、3人称の動詞の後に、s をつける。
これを、三単現sという。
3人称 ⇒  He,She,itで、置き換えれるもの
例外> They = 3より多いのでSはつかない!
単数
現在形

例> I play baseball.(1人称単数) ⇒ He plays baseball.(3人称)

<!DOCUTYPE html>  ⇒ 一体何を表しているのか?・・・
この部分は、このドキュメントは、HTMLで書かれています。という表現ですが・・・
このタイプは、HTML5のものです。

以前の、4.01の場合は、もっと複雑でした。
厳密な書式

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
        "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

移行型書式

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
        "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

フレームセットの書式

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
        "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

のようにタイプによって表現方法が、異なっていました。 EN=English ⇒
日本語の場合は、Ja