現在完了・完了

2. 完了(have + 過去分詞)
I have just finished my homework.
私は、ちょうど宿題を終えたところです。

My Brother has already gone to the airport.
兄は、すでに空港に行ってしまいました。

[疑問文]
Have you finished you report yet?
もう、レポート終わったのですか?

[否定文]
I haven’t finished reading this book yet.
私は、まだその本を読み終えていません。

[注意]
同じyetでも、疑問文と否定文では訳が全く違う

現在完了・継続

現在完了形のポイント

  1. 二つの時間(過去⇒現在)がでてくる。
  2. have + 過去分詞で表す。

使うパターンは、3種類ある。

  1. [継続] 例) I have lived in Tokyo for three years.
  2. [完了] 例) I have just finished my homework.
  3. [経験] 例) I have been to Canada twice.

[継続]
I have lived in Tokyo for three years. livedは、liveの過去分詞
私は、3年東京に住んでいます。

Jack has been in Japan since 2012. beenは、be動詞の過去分詞
ジャックは、2012年から、東京にいます。

How long have you stayed in Kyoto? stayedは、stayの過去分詞
あなたは、どれくらい京都に滞在していますか?

現在完了形の疑問文と否定文

He has lived in Japan for three years.
↓ 3人称単数(3単現)だからhave⇒has
[疑問文]
Has he lived in Japan for three years?
Ans: Yes,he has.      No,he has not<hasn’t).
[否定文]
He has not(hasn’t) lived in Japan.

疑問文・否定文は、be動詞の場合と同じ

現在完了形

現在: I live in Tokyo. ⇒ 私は、今東京に住んでいる
過去: I lived in Tokyo last year. ⇒ 私は、去年まで東京に住んでいた
未来: I will live in Tokyo next year. ⇒ 助動詞のwillを、置くことで、
来年は、東京に住んでいるでしょう
と、未来を表す。
現在完了形日本語・中国語では、文法で、未来を表すことができない
(英文法は、時系列に厳しい
↓ have + 過去分詞であらわす。
I have lived in Tokyo for three years.
私は3年間、東京に住んでいる。(過去~3年間・今、現在まで、東京にすんでいる。)

as~as・・・(・・・と同じくらいから)

Ichiro runs fast. 原級
イチローは、速く走る。

イチローは、ジローと同じくらい速く走ります。
同じくらい、を表現する場合、原級を、as 原級 as で挟む。

Ichiro runs as fast as Jiro.
↓ 否定文
Ichiro does not run as fast as Jiro.
イチローはジローほど速く走れない。 と、訳す。

英語は、数学と同じくらい難しい
English is as difficult as math.
↓ 否定文にした場合は、訳に注意!
English is not as difficult as math.
↑ では、英語は数学ほど難しくないと訳す。

※ 否定文にした場合の訳に注意

不規則な比較級と最大級

たくさんという単語を、例にとると、比較級・最上級 は、下記のように変化する。
many ⇒ more ⇒ most
much ⇒ more ⇒ most
例)
I have more books than him.
私は、彼よりたくさんの本を持っています。
比較級 manyの比較級moreを使う。

good(よい・うまい) ⇒ better ⇒ best
well(うまい) ⇒ better ⇒ best
例)
Kaz plays soccer will.(カズは、サッカーがうまい)を、比較級にすると、
↑ 比較級 wellまたはgoodの比較級betterを使う。
Kaz plays soccer better than me.
カズは、私よりサッカーがうまい

bad (悪い)⇒ worse ⇒ worst
ill (病気の・紀文が・・・悪い)⇒ worse ⇒ worst
例)
I feel bad.            feel⇒感じる

I feel worse than yesterday.
私は、昨日より気分が悪い。

more,mostを使った、比較級、最上級

富士山は、日本で一番美しい山です。
Mt.Fuji is the beautifulest mountain in Japan.
↓ beautifulest ⇒ 続く単語が長く、発音しにくい!ので、mostを、使って、最上級を表すことになった。
Mt.Fuji is the most beautiful mountain in Japan.

比較級・例)⇒比較級では、moreを使う。
Takoyaki is more delicious than Okonomiyaki.
たこ焼きは、お好み焼きより、おいしい。

比較級、最上級に、more,mostを、使う単語。
beautiful(美しい)、 difficult(難しい)、
delicious(おいしい) 、important(重要な・大切な)
famous(有名な) 、interesting(知的に、おもしろい)、
popular(人気のある): J-popは、このpopからきている。

最上級:inとofの使い分け

Mt. Fuji is the highest mountain in japan.
富士は、日本で一番高い山です。

ナイル川は、すべての川で一番長い
Nile River is the longest of all rivers.

川:river 長い:long

上記の例で、inof がそれぞれ使われているが、その使い分けはどうすればいいのか?
in単数
of複数
単数か複数かで、使い分ける

最上級

Tokyo is a large city.
東京は、世界で一番大きな都市です。⇒ be動詞

Tokyo is the largest city in the world. ⇒ 最上級の比較

ボルトは、速く走ります。
Bolt runs fast.

Bolt runs the fastest in the world.
ボルトは、世界で一番速く走ります。