努力してます。

I’m trying. ⇒ わかっているうるさいなぁ というニュアンスで使います。
I’m trying to ~. ⇒ しようとしています。 という表現になります。

  1. I’m trying to work! ⇒ 仕事中だから邪魔しないで!
  2. I’m trying my best. ⇒ ベストは、尽くしています。
  3. I’m trying out a new car. ⇒ 新車を試乗しています。
  4. I’m trying my luck. ⇒ 一か八か試してる。 ⇒ ダメもとでためしている
  5. I’m trying to help. ⇒ 手伝おうとしてるのに。
  6. I’m trying to lose weight. ⇒ 減量したいからやってます。

すてないで!

すてないで、とか、とっておいて というニュアンスで使います。

  1. Keep it a secret.⇒ 秘密にしておいて。
  2. Keep it on. ⇒ 消さないで・反対に消しておく場合は、Keep it off.
  3. Keep it quiet. ⇒ 静かにして
  4. Keep it away from me. ⇒ 私から離れて ⇒ 私に近づけないで
  5. Keep it in mind. ⇒ 心に留めておく
  6. Keep it off the table. ⇒ テーブルに置かないで。

よく標語に使われる言い回しですが、Keep left は、和製英語のようですねぇ!
Keep to the left. が正しいのでは?・・・

ごめんなさい

I’m sorry. ⇒ 一般的には、ごめんなさい と誤る場合に使われることが多い!
相手に同情して言えば、お気の毒に、とか 可愛そうに といったニュアンスにもなる。
最後のアクセントを、あげて言うと、もう一度言ってください と、聞き返す言葉にもなる。

  1. I’m sorry for being late. ⇒ 遅れてすいません。
  2. I’m sorry to hear that. ⇒ それはかわいそうに
  3. I’m sorry but I’m married. ⇒ 悪いけど結婚してるんだ。
  4. I’m sorry about your cat. ⇒ 猫、残念だったね
  5. I’m sorry from the bottom of my heart. ⇒ 心から感謝します。
    from the bottom of my heart心の底から
  6. I’m sorry I said that. ⇒ あんなこと言ってごめんなさい。

I’m sorry. は、誤るときだけに使うものかと思っていたが、いろんな言い回しができることに気付いた。

出かけます。

I’m going. ⇒ 出かけてきます。とか もう行きます。と、いうニュアンスでつかわれます。
これから、行おうとする場合I’m going to ~ という言い方をします。

  1. I’m going home. ⇒ 家に帰ります
  2. I’m going to quit. ⇒ 辞めるつもりです
  3. I’m going now. ⇒ もうでかけます
  4. I’m going to the bathroom. ⇒ トイレにいってくる
    bathroomトイレ ⇒ 風呂 ⇒ 洗面所 などを表す。
    (生活習慣により示す場所が異なる)
  5. I’m going crazy. ⇒ 頭が変になりそう  ⇒ 気が狂いそう
  6. I’m going 40 Km/h. ⇒ 時速40Kmで走っています

怖いです。

I’m afraid. ⇒ 恐れている気持ちを伝える言葉。
I’m afraid earthquake. ⇒ 大地震がこわいです。
また、I’m afraid that ~ を、文頭に付けることで、申し訳ありませんが・・・
とか、あいにくというようなニュアンスを表現できます。

  1. I’m afraid of snakes. ⇒ 蛇は怖い
  2. I’m afraid of getting fat. ⇒ 太るのが怖い
  3. I’m afraid to call her. ⇒ 彼女に、電話するのが怖い
  4. I’m afraid I can’t go. ⇒ あいにく行けません。
  5. I’m afraid what might happen. ⇒ どうなってしまうのか怖い
  6. I’m afraid he’s not here. ⇒ あいにくでかけています

そうしたい

I’d like to. ⇒ そうしたい是非したい、など 希望を述べるときに使う言い回し。

  1. I’d like to thank you. ⇒ お礼を言わせてください。
  2. I’d like to go to Vietnam. ⇒ ベトナムに行きたいです。
  3. I’d like to know why. ⇒ 理由を教えてください。
  4. I’d like to apologize. ⇒ お詫びを、させてくださ。
  5. I’d like to have some spaghetti. ⇒ スパゲティをいただきます。
  6. I’d like to introduce you to my friend. ⇒ 友達を紹介します。

haveは、持つと習うが、実際には多くの言い回しができる便利な単語です。
⇒ ここでは食べるという意味に使われています。

私だったらそんなことしません。

I wouldn’t ~ ⇒ 私ならしない

  1. I wouldn’t do that if I were you. ⇒ 私なら、そんなことをしない。
  2. I wouldn’t put it there. ⇒ 私なら、そこには置かない。
  3. I wouldn’t do that for a million dollars. ⇒ 100万ドルもらっても、お断り。
  4. I wouldn’t bet on it. ⇒ 期待できないだろう。
  5. I wouldn’t even try. ⇒ しても無駄。
  6. I wouldn’t miss it for the world. ⇒ 何があっても行くよ
    for the world絶対に

返答に困ったとき

I wonder. ⇒ どうなんでしょうか・・・というニュアンスです。

    1. I wonder why. ⇒ どうして・・・
    2. I wonder how. ⇒ どうすればいいのかなぁ
    3. I wonder if that’s true. ⇒ それって、本当なのかなぁ
      I wonder if … ⇒ 果たして・・・だろうか
    4. I wonder what’s going on. ⇒ どうなっているのかなぁ。
    5. I wonder how i’m going to ret there. ⇒ そこにはどうやっていくのかなぁ
    6. I wonder how much it costs. ⇒ いくらぐらいかかるのかなぁ

希望を語る:そうならいいけど・・・

I wish. ⇒ そうならいいけど、とか そうならよかったのに・・・ と、言うニュアンス。
I wish you ~. ⇒ は、相手を、激励したり祝いの言葉をかけるときの定番
wish for ⇒所望する。

  1. I wish I could. ⇒ いけたらいいけど
  2. I wish that were true. ⇒ 本当にそうならいいけど
  3. I wish for n new car. ⇒ 新しい車が欲しい
  4. I wish you a happy birthday. ⇒ 誕生日おめでとう。
  5. I wish you good luck! ⇒ がんばって!
  6. I wish I were you. ⇒ 私が、あなたならよかったのにうらやましいなぁ

覚えていることを伝える。

I remember. ⇒ 相手に、覚えていますよ!と伝えることば。

  1. I remember you. ⇒ あなたのことを、覚えていますよ。
  2. I remember everything. ⇒ すべて、覚えていますよ。
  3. I remember nothing. ⇒ なにも、覚えていません。
  4. I remember meeting him. ⇒ 彼と会ったことがあります。。
  5. I remember when I was a kid. ⇒ 子供の頃を思い出します。。
  6. I remember it like it was yesterday. ⇒ きのうのように覚えている。