基本的なHTMLの講義を始めます。

現在WEB上で見られるページが、あまりにもひどいので、HTML5.1の基礎から少しずつタグを覚え、正しくHTMLが書けるよう講義を始めていきたいと思います。
まずはじめに、4.01のDOCTYPE宣言からです。
Strict DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd”>
非推奨要素や属性、またフレームを使用することができません。 要素の配置についても厳しい制限があります。 HTML4.01の本来の仕様に従った最も厳密で正確なDTDです。

Transitional DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>
非推奨要素や属性は使用できますが、フレームを使用することができません。 要素の配置については比較的制限が緩やかになっています。

Frameset DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd”>
上記のTransitional DTDとほぼ同じですが、フレームが使用できます

以上の3種類がありました。
HTML5.0からは、一つに統一されました。
<!DOCUTYPE html>
このことにより記述が楽になりました。
現在の最新バージョンは、HTML5.1です。

<!DOCUTYPE>宣言は、どのバージョンのHTMLで、書かれているかを、
ブラウザの、レンダリングに、知らせるものです。

作成したHTMLは必ず正しく書かれているかチェックしましょう

正しい文法によって記述されているかどうかをチェックするのは大変な作業です。
そのため、ツールを使うことをお勧めします。
間違って記述されている行番号とタグについての指摘されます。
これにより正しく記述されていることを、チェック後、サーバーに転送しましょう。