ファイル管理の基礎知識 ⇒ ディレクトリ(ホルダー)の作成とPathの書き方

いかなるファイルも、C(system)ドライブには、保存しない!
ファイルは、それをしまう入れ物(ホルダー)を作り、そこに保存する。
このホルダー名は、必ずご自身の頭で考え、制作し忘れないように覚えておく
(これができないのであれば、最初かあ、パソコンなど使わない!)

ホルダーの名前は、ご自身がわかるものであればどんなものでも構わないが、
基本的に、パソコンは海外きた来たものであるから、名前には、英語を使う
日本語でかまわないという人は、この時点で間違っている。
自分だけで使う場合は、大丈夫だが、
NETなどを通し共有する場合は、ローマ字英数字が基本です。

代表的な例 > 写真 ⇒ Photo ; 文章 ⇒ text ;
Microsoftのデータ ⇒ Word;Excel;One_note;Access など
PDFファイル ⇒ pdf ;Illustrator ⇒ AI
Photoshop ⇒ psd ; 圧縮ファイル ⇒ ZIP ; RAR

なお、Microsoft が、標準で制作しているホルダーは基本的には、使用しない!
ことが正しくパソコンを使う基本です。
なぜか、自分たちがメンテナンスを楽にするために、制作したものだから。
知識は、すべて、世界標準で覚えなければ意味がない! ことを悟ってください。

次回は、WEB(なぜ?ホームページといわないのかも説明します。)を
制作する場合の、フォルダーファイルの基本構成を説明します。