WEBのスピード2

ネットワーク接続のパフォーマンスは大きく変動するため、
PageSpeed Insights では、ページのパフォーマンスのうちネットワークに依存しない部分
(サーバー設定、ページの HTML 構成、画像やJavaScript、
CSS などの外部リソースの使用方法)のみを考慮します。
提案された解決策を実装すれば、ページの相対的なパフォーマンスは改善されるはずです。
ただし、それでも、ページの絶対的なパフォーマンスはユーザーのネットワーク接続に左右されます。

と、書かれています。
HTMLは、マークアップ言語であるため、インタプリンタ型のプログラムと、よく似たふるまいだとおもいます。
コンパイラ型のような素早い反応は期待できない!
ただ、文章・画像を表示するだけのものと考えたほうが賢明だと思う。

いずれにしろ、早く表示されることを期待するなら、PageSpeed Insightsを、
使い各調整を、行っておくにこしたことはない!

WEB_Pagesの表示スピード

Networkを利用する場合いかに速く表示するかが、最優先されます。
スピードを上げるには、データ容量の縮小が、問題となります。
また、プログラムの場合は、そのステップ数によりかわるため、少しでも速い
アルゴリズムを、必要とします。

  1. 画像の色素を落とし軽量化
  2. scriptのステップ数を最小限にとどめる
  3. CSSは、内部CSSとして、HTML内に記述する

これ以前に、HTMLの構文が、正しいことが、、必須です。
以上で、ある程度、表示スピードは改善されるでしょう。